一般的なまつ毛の本数と長さについて 

一般的なまつ毛の本数と長さについて 

まつげの長さや量というものは、人それぞれ違いがありますが、一般的にはどのくらいの長さや量があるものなのでしょうか?

 

日本人の場合でチェックしてみましょう。
もともと日本人のまつげの長さの平均値というのは、大体6.8mm程度になっていると言われています。

 

 

実はこの長さ、欧米の女性の場合には8.1mmというのが平均と言われていますので、何となく欧米の女性の方がまつげが長く感じる事が多いというのは納得できることになります。

 

 

また、量については、だいたい1mm当たりの密度が2.6本というのが日本人の平均的な量になっていますが、欧米人女性の場合には1mm当たりの密度は3.4本になっています。

 

量についても欧米人女性の方が多いということが分かってきます。
つまり、欧米人女性のアイメイクをそのまま日本人女性が真似をしたとしても、思ったような効果を得られないケースもあるということが分かってきますよね。

 

もし、欧米人女性並みのまつげを目指すという場合には、まつげを育てていくことも必要になってきます。

 

いわゆるまつ育です。
美容液などを使い、まつ育をすることで、欧米人女性並みのまつげになることが出来る可能性もあります。
長さや本数の見かけを変えるということであればまつ毛エクステでもその役割を果たすことができますが、まつ毛エクステにはデメリットがあります。

 

参考:まつ毛エクステのデメリットについて

 

ですので自まつ毛を増やしたい、伸ばしたいと思っているのであればまつ毛美容液がオススメです。


まつ毛が抜ける原因

目元の印象を左右するまつげですが、まつげが抜けることに悩みを持っているという方もいますよね。

 

もともとまつげな定期的に生え変わっているので、一日に数本程度はまつげが抜けるということがあります。
このような場合には特に問題がありませんが、場合によってはごっそりと抜けてしまう、短いまつげが抜けてしまうということが起こることがあります。

 

これは、まつげに大きなダメージが加わっているためと考えられます。
少し考えてみると、髪についてはホットアイロンやドライヤーの熱などでダメージが与えられる。
ということは想像できると思いますが。

 

 

ホットビューラーでまつげをカールするということについては、まったく熱によるダメージを考えていなかった
というような考えの方も多いですよね。

 

同じビューラーを使い続けるというのも、やはりビューラーのゴムの劣化などによって、劣化したビューラーのゴムがまつげに与える影響などを考えれば、大きなダメージになるということも考えられますよね。

 

 

まつげエクステや過度なアイメイク、目の周りをこすり過ぎるという点なども、まつげが抜けやすくなる理由になります。